このエントリーをはてなブックマークに追加

高い保険料と安い保険料の違い

つけるか、つけないかは個人の自由、とされているのが自動車保険の任意保険です。
この任意保険というのは、加入は個人の自由とされていますが、現在では車を所有する人がほぼ加入していると言っても良いほど、入る事が当然のようになっています。
この自動車保険ですが、保険料はピンからキリまであります。
つまり、年間2、3万円で済む場合もあれば、10万円以上支払う保険に入っているという人もいます。
その違いは自動車保険のプランにあります。
比較的安い保険料のもので契約している人に多いのが、事故を起こした際に、保障は被害者のみにされるもので、事故を起こしてしまった当事者の保障は一切無し、というものです。
こういったプランの人は、乗っている車がもう古く、事故を起こしたら買い換えようと思っているので、当事者の保障は不要と考えている人です。
また、どうしても保険料が支払えないので、最低限の保障だけつけておこう、という人も、比較的安いプランのものを契約されるようです。
ですが、例えば、新車の場合や、まだ購入してから2、3年しか経っていない場合、または、高級車と言われる車に乗っている人は、大体、車を購入した際の金額と同じだけの車両保険というものをつける人が多く、そういった場合、保険料は高額になります。
車両保険をつけるかつけないかで、自動車保険の料金は違ってきますので、そこが保険料を比較する際の大切なポイントと言えるかもしれません。
Search
Copyright (C)2017自動車保険会社の事故対応〜頼りたくなる保険会社は〜.All rights reserved.